感謝状を受け取る酒井さん(左)と椹木さん=亀岡市安町・亀岡署

感謝状を受け取る酒井さん(左)と椹木さん=亀岡市安町・亀岡署

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして京都府警亀岡署は3日、セブン―イレブン亀岡並河店(亀岡市大井町)と女性店員2人に感謝状を贈った。

 酒井友美さん(40)と椹木由佳さん(38)で、8月11日午後1時ごろ、だまされて電子マネー5万円分の購入方法を尋ねてきた60代女性に購入を思いとどまらせ、近くの並河駅前交番に相談するよう説得した。同署が調べたところ、パソコンがウイルスに感染したと偽って修理費などをだまし取る手口の詐欺だったという。

 安町の同署で横田政幸署長から感謝状を受け取った2人は、「犯人と電話がつながった状態で来店されたので詐欺だと確信したが、女性は驚いた様子だった」と話していた。