福山哲郎氏

福山哲郎氏

 立憲民主党京都府連は5日、京都市南区で拡大常任幹事会を開き、国民民主党などと近く結成する合流新党に府連所属の地方議員7人全員が参加することを決めた。

 同幹事会には約20人が出席。府連の安井勉会長代行(京都市議)が「コロナ禍の中でも市民や有権者の声を聞いて奮闘してきた。新党でも一致団結してスタートしよう」と述べ、全地方議員を含む府連全体としての参加方針を確認した。府連は党本部方針に沿い、合流新党が結党する15日の前日14日に解散する。

 終了後、同幹事会に出席した福山哲郎・党幹事長(参院京都選挙区)は取材に応じ、「京都でさらなる大きな固まりを作れるよう、立民だけでなく国民の地方議員の方々にも参加をお願いしたい」と述べた。