火元から燃え移り、激しく炎が上がる民家(6日午後5時37分、舞鶴市引土)

火元から燃え移り、激しく炎が上がる民家(6日午後5時37分、舞鶴市引土)

 6日午後4時40分ごろ、京都府舞鶴市引土の男性方から出火し、木造2階建てが全焼した。京都府警舞鶴署などによると周囲4軒に延焼し、うち3軒が全焼して約4時間20分後に消した。男性は家にいたがけがはないという。近くの住民は「気付いたときは、火元の家が炎に包まれていて、しばらくして燃え移った」と話していた。現場は西舞鶴駅の南西約300メートルの住宅街。