「京都芸術大」校名訴訟で控訴した京都市立芸術大(京都市西京区)

「京都芸術大」校名訴訟で控訴した京都市立芸術大(京都市西京区)

京都芸術大の銘板(京都市左京区)

京都芸術大の銘板(京都市左京区)

 京都芸術大(京都市左京区)を運営する学校法人瓜生山学園に対し、類似表示を禁じる不正競争防止法に違反するとして、京都市立芸術大(西京区)が名称の使用差し止めを求めた訴訟で、原告の市立芸大が8日、請求を棄却した大阪地裁判決を不服とし、大阪高裁に控訴した。

 8月27日の地裁判決は、市立芸大の知名度について、主な活動範囲が京都府内や近隣府県であることなどから著名とは言えないと指摘。類似性については「京都」「芸術」の文言はありふれたもので、他大学との識別は「市立」の部分にあるなどとして、市立芸大の主張を退けた。

 市立芸大の赤松玉女理事長は「判決文の内容は、本学にとっておよそ承服しかねるものであり、多くの方々から頂戴した容認できないとのご意見も考慮し、控訴する決断をした」とのコメントを出した。

 瓜生山学園は取材に対し、「控訴状が届いていないので、コメントは差し控えさせていただく」としている。