ネコへの餌やり自粛を求める立て看板(草津市渋川1丁目)

ネコへの餌やり自粛を求める立て看板(草津市渋川1丁目)

 滋賀県のJR草津駅前の店舗群「ニワタス」広場周辺で野良ネコへの餌やり行為が後を絶たない。草津市は「監視」カメラを一時設置したが、住民の苦情で撤去。有効な解決策はなく、対応に苦慮している。

 市によると、ネコの餌を入れた食品トレーが置かれているのは、駅につながる陸橋の階段下や、広場の樹木の茂みの中、近くの市営地下駐車場の通路階段など。市職員が餌やり行為を直接確認してはいないが、「餌やりを続けている人がいる」と苦情があるという。長時間放置された餌が悪臭の発生源となっている。

 市は「公共の場所に餌を置くのは迷惑行為」(都市再生課)として6月、広場内に注意を促す看板を設置し、さらにカメラ2基を地面に置き「監視カメラ作動中」と書いた警告看板も立てた。撮影・録画はしていなかったが、女性から「スカート内を撮られていると感じる」と苦情があり、8月下旬にカメラを外した。看板の文言も「エサの食べ残しや糞(ふん)尿の処理に困っています」に変えた。

 近くの飲食店オーナー(40)は「残った餌が不衛生なので餌やりは控えてほしい」と訴える。一方、駅周辺をよくウオーキングするという女性(58)は「市は野良ネコと住民が共存できる方法を模索するべきでは」と話す。