京都文教大と京都文教短期大は13日までに、10日に実施した一般入試の必須科目「英語」で出題ミスがあった、と発表した。

 ミスがあったのは大学のB日程と短大の中期日程で、計128人が受けた。長文の内容について問う設問で、四つの選択肢の中に正解がなかった。

 試験時間中に入試本部の職員が問題をチェックしていて発覚した。該当する問題(100点満点中3点)を全員正解として合否判定する。合格発表は16日。