京都市バス

京都市バス

 8日午後4時ごろ、京都市東山区東大路通四条下ルで、九条車庫行き市バスに乗っていた南区の男性(62)の車いすが後方に傾き、車内の背もたれで頭を打ち軽傷を負った。京都府警東山署によると、車いすが乗車する際は乗務員が専用ベルトで固定する手順になっているが、男性運転手(44)は「ベルトを使わなかった」と話しているという。

 東山署の説明では、男性は身体障害があり、1人で乗車していた。バスが上り坂を南進中に車いすが動いたという。ほかの乗客約20人にけがはなかった。市交通局は「けがをされた方に謝罪申し上げる。再発防止を徹底する」とコメントした。