更沙で仕上げた京うちわ(東京都渋谷区・グランピエ青山店)

更沙で仕上げた京うちわ(東京都渋谷区・グランピエ青山店)

 京うちわや信楽焼など日本各地の伝統工芸品を展示・販売する「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2020」が東京都内で開かれている。

 作り手と売り手、使い手をつなぐイベントとして伝統的工芸品産業振興協会(東京)が主催し、日用品や雑貨を取り扱うライフスタイルショップ30店が会場。17日まで。

 京都に本店を構える西洋民芸の店「グランピエ」の青山店は、若手職人が立ち上げた蜂屋うちわ職店(京都市左京区)とコラボ。一般的な紙の代わりにインドやパキスタンから仕入れた伝統的な更沙を張り、異文化融合の趣に仕上げた京うちわを紹介している。

 中目黒エリアでは、蔦屋書店が京扇子を提案し、京都の花屋マエストロも入る複合施設「ザ・ガーデン」が京焼・清水焼をそろえる。銀座エリアの商業施設「東急プラザ銀座」内では信楽焼の食器類などが、京で創業した東京鳩居堂銀座本店では美濃焼と伊賀くみひもが並ぶ。