開業初日の「キッズランド」で思い思いの遊びを楽しむ親子連れら(京都市西京区の市交流促進・まちづくりプラザ)

開業初日の「キッズランド」で思い思いの遊びを楽しむ親子連れら(京都市西京区の市交流促進・まちづくりプラザ)

 京都市西京区の阪急京都線洛西口駅の北約500メートルの線路高架下にこのほど、子どもの遊び場や、団体の会合などに使える多目的室を備えた「市交流促進・まちづくりプラザ」がオープンした。高架下を活用した集客施設を市が整備するのは初めてという。

 同線の立体交差化事業で生まれた土地を活用。市が3億8千万円をかけ、延べ床面積計811平方メートルの建物3棟と広場などを整備した。教育玩具輸入販売のボーネルンド(東京都)が指定管理する。

 遊び場「キッズランド」は6カ月~12歳が対象(要保護者同伴)で、滑り台やジャングルジムなどの大型遊具をはじめ、積み木やパズルなどの知育玩具もあり、屋外で水遊びも楽しめる。3室ある多目的室にはキッチンを備えた部屋も設けた。児童書を置くライブラリーや休憩ができるカフェスペースは、無料開放する。

 キッズランドとライブラリーは午後6時、多目的室とカフェは同5時(金・土曜の多目的室は同7時、ライブラリーは同8時)まで。第2・4火曜休館。キッズランドは新型コロナウイルスの感染予防で、当面は午前10時半から1時間ごとの入れ替え制(各回子ども20人程度まで)とし、同10時から整理券を配る。予約不可。