滋賀県警木之本署

滋賀県警木之本署

 滋賀県警木之本署は14日、長浜市の女性(71)が、国の行政機関の職員を名乗る男などから保釈金名目で、現金1650万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、昨年11月20日~22日にかけて、国の行政機関や監督官庁の職員を名乗る男らから「あなたの個人情報が流出している」「NPO法人会長に身代わりになってもらう必要がある」と女性宅に電話があった。さらに別の男などから「身代わりの会長が逮捕された」「このままでは刑事訴訟になり、保釈金が必要」などと電話があり、女性は12月5日~6日に自宅近くの路上で、関係者を名乗る男に2回に分けて、現金計1650万円を手渡したという。