滋賀県警大津署

滋賀県警大津署

 14日午前、滋賀県東近江市と大津市で切断された猫の死骸が相次いで見つかり、滋賀県警東近江署と大津署がそれぞれ動物愛護法違反の疑いで調べている。

 午前8時ごろ、東近江市ひばり丘町の会社の玄関付近に、頭と尾を切断された猫1匹の死骸があるのを従業員が見つけ、東近江署に通報した。

 午前9時半ごろには、大津市中庄1丁目の民家の駐車場に、猫1匹の死骸と、別の猫の切断された足2本と尾の一部が置かれているのを家人の男性が見つけ、110番した。大津署によると、男性が13日午後5時ごろに駐車場を見た時は異常がなかったという。