山本正氏

山本正氏

 京都府宇治市の山本正市長(73)が、任期満了に伴う宇治市長選(11月29日告示、12月6日投開票)に立候補せず、今期限りで退く意向を複数の関係者に伝えたことが14日、分かった。

 16日に市議会9月定例会が開会する予定で、山本氏は京都新聞社の取材に対し、「9月定例会には態度表明したい」と話した。

 山本氏は2012年に旧民主党の推薦を受け、自民党と共産党がそれぞれ推す候補者らを破って初当選し、現在2期目。市議会は少数与党で、提出議案がたびたび修正可決されるなど、苦しい対応が続いていた。

 山本氏は京都府与謝野町出身で朱雀高卒。関西電力労組役員を経て、宇治市議3期、府議4期、旧民主党府連幹事長などを務めた。

 次期市長選を巡っては、これまで誰も立候補を表明していない。