木津川の流れ橋(京都府八幡市側から撮影)

木津川の流れ橋(京都府八幡市側から撮影)

 流れ橋は、八幡市上津屋と久御山町佐山を結ぶ橋の通称。日本最長級の木橋(一部コンクリート)。1953年に架けられ、正式名称は上津屋橋といい、京都府が管理する。

 長さ356・5メートル、幅3・3メートル。橋板や橋桁は橋脚とワイヤでつながり、川の水位が上がると流れる仕組み。歩行者専用橋で、自転車やバイクは降りて押すことで通行できる。
 1953年の架設以降21回流れており、うち2011年から4年続けて流れたため、京都府は16年に橋全体を高くするなど流れにくい構造にしたが、2017年10月22日の台風21号で上流の飯岡水位観測所(京都府京田辺市)の水位が平成以降で最大を観測する出水となり、流された。復旧工事はクレーンで板などを元に戻し、傷んだ一部の部材を交換する。2016年に復旧した際の工事費は約3億7千万円。

 周囲にコンクリートの建物や電柱が少ないため、時代劇のロケでよく使われる。テレビ時代劇の撮影で、水戸黄門や銭形平次が橋をカタコト、ときにはバタバタと渡った。八幡市側の橋のたもとには、俳優の故藤田まことさんが寄贈した石碑がある。