14日午後0時45分すぎ、滋賀県自然環境保全課の職員から、草津市南山田町のキヤノンマシナリーの敷地内で「ハトが大量に死んでいる」と110番があった。草津署と同課によると、建物の屋上と、その真下付近にある駐車場で死んだハト計約60羽が見つかった。体が傷つけられるなどした形跡はなく、鳥インフルエンザの簡易検査では陰性だったという。同署は死因を捜査している。