京都府警西京署

京都府警西京署

 転売目的で自転車を繰り返し盗んだとして、京都府警西京署は15日までに、窃盗の疑いで京都市西京区の飲食店員の男(42)を逮捕、送検し、42件で計56万円相当の被害を裏付けた。「新型コロナウイルスの影響で仕事が休みになり、自転車を売って生計を立てていた」と供述しているという。

 西京署によると、男は今年1~5月に西京区や山科区のマンション駐輪場で自転車42台やワイヤ錠など計44点を盗んだ疑いがある。盗んだ自転車はフリーマーケットアプリで1台2千~5千円で転売していたという。