強風で民家(左奥)から吹き飛ばされたトタン屋根=13日午前11時39分、滋賀県高島市

強風で民家(左奥)から吹き飛ばされたトタン屋根=13日午前11時39分、滋賀県高島市

 滋賀県は13日、台風19号について災害警戒本部の会議を開き、滋賀県内の被害を報告した。強風の影響で、高島市の民家が損壊したり、倒木で道が通行できなくなるなどの被害があった。県道の葛籠尾崎大塩津線のつづら尾崎展望台-月出ゲート間で倒木があり、15日まで通行止めにする。

 滋賀県警によると、大津市で倒壊した物置を直していた64歳と38歳の男性が風で飛ばされた扉に当たるなどして軽傷を負ったほか、女性(79)が強風で転倒して軽いけがをした。