色とりどりにライトアップされた「名古屋テレビ塔」=16日夜、名古屋市

 色とりどりにライトアップされた「名古屋テレビ塔」=16日夜、名古屋市

 報道陣に公開された「名古屋テレビ塔」の展望台=16日午後、名古屋市

 報道陣に公開された「名古屋テレビ塔」の展望台=16日午後、名古屋市

 南海トラフ巨大地震に備え耐震改修工事を終えた名古屋市の繁華街・栄のシンボル「名古屋テレビ塔」で16日、正式開業の18日を前に展望台などの内部が報道陣向けに公開された。世界でも珍しいタワー内のホテルを新設。周囲の久屋大通公園も再整備が進んでおり、名古屋の新たな中心地として期待がかかる。

 運営会社名古屋テレビ塔の大沢和宏社長は「(テレビ塔を)千年先まで残し、世界的な文化財にしたい」と開業に向けた意気込みを語った。

 会社によると、地上90メートルの屋内展望台は天井と足元の壁に鏡を配置し、奥行きを感じられるようにした。地上100メートルの屋外展望台も設置した。