【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は16日、域内の温室効果ガス排出の2030年削減目標を、現行の1990年比40%から55%に引き上げる方針を提案した。