連合の神津里季生会長

 連合の神津里季生会長

 連合の次期衆院選に向けた基本方針案が16日、判明した。合流新党の立憲民主党を軸に支援すると明記した上で、国民民主党や無所属議員への支援にも含みを持たせた。連合は支援先の一本化に期待して合流協議を推進したが、組織内議員の一部が国民や無所属を選んだ結果を反映させた格好。17日の中央執行委員会で決定される見通しだ。

 方針案では、菅内閣発足で早期の衆院解散・総選挙が現実味を増したとして、連合が一体で戦う態勢を整える必要があると強調。立民に関し「連合総体としての支援体制を強化する」と掲げた。