JR西日本本社

JR西日本本社

 JR西日本は17日、来年3月に行う近畿エリアの終電繰り上げの詳細を発表した。京都駅では東海道線の米原方面や山陰線、湖西線が20分程度、大阪駅を出発する京都駅行きは25分繰り上げる。実施日は年内に発表する。

 京都駅の平日ダイヤでは、米原行きを現行午後11時57分発から20分早い午後11時37分発に、野洲行きを午前0時34分発が午前0時17分発に繰り上げる。

 山陰線園部行きは20分早まり午後11時46分発に、湖西線近江今津行きは19分早まり午後11時46分に、奈良線奈良行きは12分早まり午後11時46分発になる。

 大阪発の京都行き最終は午前0時発となる。休日ダイヤも平日と同程度繰り上げる。繰り上げは、終電後の線路保守作業の労働環境改善を目的に実施する。