立憲民主党の福山哲郎幹事長

 立憲民主党の福山哲郎幹事長

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は17日の記者会見で、北村誠吾前地方創生担当相が在任中の各地への視察について「相当ほら吹いてきた」と発言したことを批判した。「地方創生と言いながら、できもしないことを言ってきた自覚があるということだ。気が緩んだとしか思えない」と述べた。

 同時に「安倍政権は地方創生、女性活躍と、いろいろ言いながら実現しなかったことがたくさんある。最後の閣僚が『ほらを吹いた』と言うのは非常に象徴的だ」と指摘した。