岐阜北署は17日、岐阜市の廃棄物処理業者の敷地に搬入されたごみの中から、現金約700万円が見つかったと発表した。業者が同署に拾得物として届けた。

 同署によると、業者が17日、一般家庭ごみや産業廃棄物の分別作業中に大量の1万円札を発見。紙幣は新札ではなく、何にも包まれていなかった。

 「現金の持ち主を特定するため」として、同署は発見時の詳細な状況を明らかにしていない。現金は3カ月間、署内で保管。持ち主が現れなかった場合、所有権は業者に移るという。