訓練のため、10年ぶりに舞鶴に寄港した南極観測船「しらせ」(舞鶴市北吸・海上自衛隊北吸岸壁)

訓練のため、10年ぶりに舞鶴に寄港した南極観測船「しらせ」(舞鶴市北吸・海上自衛隊北吸岸壁)

 南極観測船「しらせ」が18日、訓練のために京都府舞鶴市北吸の海上自衛隊北吸岸壁に寄港した。2代目となるしらせは舞鶴市で建造された船で、10年ぶりの「里帰り」を関係者が歓迎した。

 しらせは、海上自衛隊に所属する砕氷艦。同市内の造船会社でつくられ、2009年から南極への観測隊員や物資の輸送に使われている。乗員数は約180人で、全長138メートル、幅28メートルで1万2650トン。

 11月からの南極観測に向け、ヘリコプターの離着陸などの訓練で8月30日から全国を回っており、舞鶴への寄港は10年以来。巨大なオレンジ色の船体が舞鶴湾内に姿を見せると、海自舞鶴音楽隊が演奏を奏でて歓迎した。

 歓迎セレモニーで花束を受け取った竹内周作艦長は「日本を一周しながら訓練に励んでいる。しらせを見ていただき、南極観測に理解を深めてほしい」と話した。寄港は22日までで、内部を一般公開するが、見学予約は締め切っている。