炎を鎮める神馬を描いた玉田神社の「SNS炎上除御守」(京都府久御山町森)

炎を鎮める神馬を描いた玉田神社の「SNS炎上除御守」(京都府久御山町森)

 「SNS炎上除(えんじょうよけ)御守」。そう銘打ったお守りを、火難除けで知られる玉田神社(京都府久御山町森)が作った。ツイッターなどのSNS(会員制交流サイト)で「炎上」が相次ぐ中、野口重典宮司(53)は「不慮の一言が大きな災厄を呼ばないようにご祈祷(きとう)してある」と語る。

 玉田神社の伝説によると、奈良時代に同神社近くで育った馬が、聖武天皇に献上された。馬は鳴き声で宮中の火災を予言したり、炎の中に飛び込んで火事を鎮めたりしたとされた。「火鎮(ひしずめ)」と名付けられた馬は神の使いとされ、同神社の境内に葬られたという。

 SNSへの不適切な投稿に非難や中傷が殺到する「炎上」が多数見られる昨今。「火難除けの神社ならではのご神徳でお守りしてもらおう」考案した。

 お守りは、江戸時代の版木に彫られた「火鎮」を基に、渦中に飛び込む馬の姿がデザインされた透明なシール。スマートフォンやパソコンに貼り、炎上の「鎮火」を祈願する。

 800円。午前9時~午後5時ごろ、社務所と同神社そばの宮司宅で授与している。野口宮司は「お守りがあっても、SNSは節度を持って楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは玉田神社075(631)0307。