歩行者優先を絵入りで呼び掛ける「サラダパン」

歩行者優先を絵入りで呼び掛ける「サラダパン」

 秋の全国交通安全運動期間中、滋賀県警は、湖国のソウルフードと言われる「サラダパン」を製造する「つるや」(長浜市木之本町)とタイアップする。パッケージに交通ルールを載せた「交通安全思いやりサラダパン」が、30日まで県内のスーパー70店などで販売される。

 たくあんとマヨネーズをあえた具をコッペパンに挟んだサラダパン。パッケージの表面に「思いやり」と書き、裏面には、横断歩道を渡る歩行者に、ドライバーが道を譲ることを呼び掛ける説明書きとイラストを載せた。

 つるやの西村豊弘専務(41)は「このサラダパンを見てくすっと笑い、心に余裕が生まれることで思いやりのある運転につながればうれしい」としている。