学生と企業の採用担当者らが意見交換したトークセッション(京都市上京区、インパクト・ハブ・キョウト)

学生と企業の採用担当者らが意見交換したトークセッション(京都市上京区、インパクト・ハブ・キョウト)

 学生と企業の出会いを考える「すごい!採用・就職会議」が15日、京都市上京区の創業支援拠点「インパクト・ハブ・キョウト」で開かれた。大学生と企業の採用担当者らが就職活動や仕事観について意見交換した。

 世界的な視点で地域を支える若者を育成する京都市の事業の一環。運営団体で、企業のさまざまな課題を学生のチームが解決する「連携プロジェクト」を仲介するグローカル人材開発センター(上京区)が企画した。

 トークセッションでは、連携プロジェクトに参加した学生と企業担当者計6人がそれぞれの立場で意見を述べた。橋や道路の検査を手掛ける特殊高度技術(南区)の青山太輔総務課長は「会社の実際の空気感や風土が学生に伝えられる」と、連携活動のメリットを説明。学生たちは「企業の人に出会い、考えを聞く場が知られていない」などと指摘した。

 ワークショップもあり、学生が早い段階から地元企業と接点を持つ機会の重要性や学業と両立させる仕組みなどについて議論を深めた。