お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区((C)1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved)

 お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区((C)1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved)

 六面立体パズル「ルービックキューブ」の日本発売40周年を記念した企画展が今月24日から東京都内で開催されるのを前に、報道機関向け発表会が23日に開かれ、公式商品として世界最小のルービックキューブがお披露目された。

 世界最小のルービックキューブは各辺の長さが9・9ミリのアルミニウム製で、重さは約2グラム。バンダイの子会社メガハウスが金属加工メーカーの「入曽精密」(埼玉県入間市)と協力して開発した。23日からメガハウスの販売サイトで予約受け付けを始め、国内販売価格は1個19万8千円。

 企画展では発売当時のものや、1600個を使ったモザイクアートも展示する。