真っ赤に咲き誇るヒガンバナ(京都府長岡京市)

真っ赤に咲き誇るヒガンバナ(京都府長岡京市)

 朝夕が涼しくなり秋の訪れを感じる中で、ヒガンバナが見頃を迎え、京都府乙訓地域の田畑のあぜ、河川の堤防などで真っ赤な花を咲かせている。

 多年草のヒガンバナは、その名前の通り秋の彼岸に合わせて花を付ける。古くからネズミやモグラなどが穴を空けてあぜを崩すのを避けるために植えられたと言われ、秋の風物詩として親しまれている。

 長岡京市内の田畑ではヒガンバナが、あぜに沿って地中から花茎を真っすぐに伸ばし、たくさんの朱色の花を咲かせている。住民らも足を止め見入り、心を和ませていた。