公開練習でスピンを確認する紀平(関大たかつきアイスアリーナ)

公開練習でスピンを確認する紀平(関大たかつきアイスアリーナ)

トリプルアクセルに挑む宮原(関大たかつきアイスアリーナ)

トリプルアクセルに挑む宮原(関大たかつきアイスアリーナ)

 3月にさいたま市で開催されるフィギュアスケートの世界選手権を前に、前回大会3位で平昌五輪代表の宮原知子(関大、京都市中京区)と、今季のグランプリ(GP)ファイナルと四大陸選手権を制した紀平梨花(関大KFSC)が15日、練習拠点の関大たかつきアイスアリーナで報道陣に練習を公開した。

 宮原は3回転の連続ジャンプとともに、この冬に手直ししたショートプログラム(SP)のステップを繰り返し確認した。SPの曲を流しての通し練習では3本全てのジャンプを着氷した。