京都府庁

京都府庁

 京都府と京都市は23日、未就学児2人ら3人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症で府内の感染者数は計1705人になった。府は同日、警戒レベルを最も低い「注意喚起基準」に引き下げたと発表した。注意喚起は約2カ月ぶり。

 京都市によると、未就学児2人は、19日に陽性が確認された桂川中(西京区)の30代男性教員の子。1人が通う保育園は29日まで臨時休園する。同中は教員と生徒計24人の感染が判明している。府発表分は大阪府在住の60代男性。感染経路は分かっていない。

 また府の3段階の警戒レベルは、これまで2番目の「警戒基準」。感染経路不明者数が23日までの7日間で1日平均1・86人となり、警戒の同2人を下回った。7月14日に注意喚起から警戒に引き上げられた。