京都・嵯峨野といえば現在は京都市内屈指の観光地です。紅葉の名所であると同時に、国史跡および名勝に指定されている嵐山をはじめ、天龍寺など著名な寺院もあります。

 その嵯峨野の歴史は古く、1万年以上前の旧石器時代から人々の生活の痕跡が認められています。特に古墳時代には古墳が集中して築造された地域であり、今から1500~1400年前の古墳時代後期の古墳が多数残されています。この中でも、今回紹介する天塚(あまつか)古墳と蛇塚(へびづか)古墳はこの地域を代表する古墳であり、国史跡に指定されています。

南東側から見た蛇塚古墳の全景

 天塚古墳は右京区太秦松本町にあり、数ある古墳の中でも位の高い人物の墓と考えられる前方後円墳です。全長は約71メートルもあり、嵯峨野地域でも最大級の墳丘を誇ります。この古墳の特徴は、死者を埋葬する石室が二つあることです。いずれもトンネル状の横穴式石室で、二つある石室のうち一つは後円部、もう一つは後円部と前方部の境となるくびれ部にあります。

 天塚古墳は明治20年に最初の調査が行われ、石室の中からは銅鏡、鉄剣、馬具、玉類、須恵器などの副葬品が見つかりました。調査記録によると鍍金(ときん)を施した玉も出土したとされ、葬られた人物の位の高さを示しています。古墳の周辺で採集された埴輪(はにわ)・須恵器の破片や出土品から6世紀前半の築造と考えられ、府内でも古い横穴式石室といえます。

天塚古墳第2石室の入り口=写真はいずれも京都市文化財保護課提供

 一方、天塚古墳の西約2キロに位置する蛇塚古墳も、天塚古墳と同規模の全長約75メートルの前方後円墳です。横穴式石室の構造や見つかった須恵器から、7世紀に築造されたと考えられます。天塚古墳との最大の違いは石室を構築する石材の巨大さです。

 本来、石室は墳丘盛土に覆われているはずですが、蛇塚古墳の墳丘は既になくなってしまい、石室だけが地表に露出しています。天塚古墳の石室が幅1メートル前後の石材を数段積み上げて構築されているのに対し、蛇塚古墳は一辺3メートルを超える巨石を2段程度積み上げて構築されています。

 同じ横穴式石室でも、蛇塚古墳のように巨石を用いて石室を構築する方法は古墳時代の中では新しい時期の特徴であり、二つの古墳が造られた時期の違いを如実に表します。

蛇塚古墳石室内の様子

 同じ横穴式石室でも、蛇塚古墳のように巨石を用いて石室を構築する方法は古墳時代の中では新しい時期の特徴であり、二つの古墳が造られた時期の違いを如実に表します。  

 また蛇塚古墳では、石室自体の大きさにも注目すべき点があります。石室の全長は約17・8メートルで、その規模は奈良県明日香村の石舞台古墳に匹敵します。石舞台古墳は、当時政治の中心だった奈良県明日香村にあり、当時としては最大級の石室を持つ方墳で、権力者蘇我馬子の墓ともいわれています。蛇塚古墳は石舞台古墳よりやや古い古墳と目されていますが、国内最大級の石室を持つ古墳が嵯峨野地域にも築かれていたのです。

天塚古墳第1石室の内部

 ところで、天塚・蛇塚古墳に葬られた人物はいったい誰なのでしょうか。

 嵯峨野は古代の渡来系氏族・秦(はた)氏の本拠地とも伝えられており、太秦には秦氏の氏寺である広隆寺が残されています。そのため、この地域の古墳が秦氏と関係するものと考える意見もあります。特に蛇塚古墳については、聖徳太子の側近として活躍した秦河勝(はたのかわかつ)を被葬者とする意見もあります。

 しかし残念ながら、これまでの調査では蛇塚古墳に葬られた人物を特定する証拠は見つかっていません。また、嵯峨野にある他の遺跡に関しても、渡来系氏族である秦氏の本拠地としては、大陸由来の要素を持つ遺物が少ないという指摘もあります。

 現時点で、天塚古墳や蛇塚古墳を単純に秦氏の墓とするには、解明しなければならないことが多いといえるでしょう。ただし、6世紀以降、嵯峨野の開発が進み国内有数の有力者の墓が造られたことは間違いなく、その後、秦氏の広隆寺が建立されるなど、嵯峨野が歴史の表舞台と密接に関わる地域であったことは明らかです。

 

 嵐山の美しい紅葉も見逃せませんが、嵯峨野の古墳を巡り、遠い古代の謎解きをしてみるのも良いのではないでしょうか。

 なお、天塚古墳は個人が所有され、蛇塚古墳は地域の方々が管理されています。公共の力ではなく、地元の方々の力により守られてきた貴重な古墳でもあります。 (京都府教育委員会文化財保護課 記念物担当 川崎雄一郎)