あおり運転をする医師の車(滋賀県警提供、画像の一部を加工しています)

あおり運転をする医師の車(滋賀県警提供、画像の一部を加工しています)

 名神高速道路であおり運転をしたとして、甲賀区検は24日までに、暴行罪で滋賀県甲賀市の男性医師(41)を略式起訴した。甲賀簡裁は11日付で罰金30万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、3月4日午後11時20分ごろ、滋賀県東近江市内の名神高速で、愛知県の男性(25)が運転する大型トラックの前方に割り込んだり、蛇行運転や急ブレーキを踏むなどして進路を妨害したりし、2回停車させたとしている。