手描友禅ならではの逸品が並んだ工芸染匠作品展覧会(京都市左京区・みやこめっせ)

手描友禅ならではの逸品が並んだ工芸染匠作品展覧会(京都市左京区・みやこめっせ)

 京手描友禅の美を集めた「京友禅きもの芸術展」の工芸染匠作品展覧会審査会が15日、京都市左京区のみやこめっせで開かれた。きらびやかな振り袖など約70点が16日から一般公開される。
 京都工芸染匠協同組合主催の同展には約40事業者が68点を出品。四季の花々を寒色系で表現した訪問着や、匂い立つような梅の花を一面に描いた振り袖などの逸品が並んだ。
 ラグビーW杯日本大会の開会式で披露された振り袖など、一般社団法人「イマジン・ワンワールド」(福岡県久留米市)と同協同組合がイングランドやスコットランドをイメージして制作した着物10点も展示される。入場無料。17日まで。
 また、注文に応じて作る誂(あつらえ)友禅染競技会の作品展も15日、同会場で始まった。「日本の世界遺産」をテーマにした手描きや型染めの着物や帯76点が紹介されている。入場無料。16日まで。


 主な入賞者は次の通り。
 【工芸染匠作品展覧会】経済産業大臣賞=吉川染匠、木村染匠、雅染匠▽近畿経産局長賞=白木染匠、あをい染所、染匠市川▽京都府知事賞=高橋啓、タケハナ染匠、コマサン▽京都市長賞=関谷染色、成謙工房謙蔵、白木染匠▽京都新聞賞=絹菱
 【誂友禅染競技会】経産大臣賞、京都市長賞=石田万染工場▽経産省製造産業局長賞=和晃苑▽近畿経産局長賞=東洋捺染▽京都府知事賞=門川工芸▽京都商工会議所会頭賞=前仁▽京都新聞賞=堀田染工場