開設されたドライブスルー方式のPCR検査(東近江市猪子町・市立能登川病院)

開設されたドライブスルー方式のPCR検査(東近江市猪子町・市立能登川病院)

 滋賀県東近江市猪子町の市立能登川病院は院内に開設した「地域検査センター」で28日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるドライブスルー方式のPCR検査を始めた。県の委託を受け、県内9カ所目となる。

 この日、感染疑いのある市民は訪れず、職員が模擬の検査を行った。医師は車越しに手際よく約1分で患者役から検体を採取した。1日最大5件の検査が可能になるという。

 これまで同市と近江八幡市、日野町、竜王町の湖東地域は、近江八幡市のヴォーリズ記念病院で火木曜のみPCR検査が行われていた。能登川病院では月水曜に検査し、地域の態勢を補完する。病院は「冬の流行期にしっかり備えたい」としている。