乗馬体験を楽しむことができる3頭の馬(京都府宮津市須津・橋立の馬屋)

乗馬体験を楽しむことができる3頭の馬(京都府宮津市須津・橋立の馬屋)

 京都府宮津市須津に乗馬体験施設「橋立の馬屋」がオープンした。乗用馬やポニーにまたがり、山道を散策するホーストレッキングが楽しめる。オーナーは「馬とのふれあいを地域の福祉や教育にも生かしていきたい」と意気込む。

 施設内では体高150センチの乗用馬1頭と、100センチほどのポニー2頭を飼育。インストラクターが乗り方などを指導し、初心者でも楽しむことができる。

 宮津市議の坂根栄六さん(42)と、乗馬クラブのインストラクターをしていた歯科医西川聡美さん(40)が共同で運営。大学で馬術部に所属し、乗馬施設を作るのが夢だった坂根さんが、大学時代のコーチから馬を譲ってもらい、手作りで馬小屋や柵などを完成させた。

 今後はイベントや学校行事に参加するほか、障がい者のリハビリに馬を活用するホースセラピーにも挑戦していくという。坂根さんは「馬と触れ合う経験を多くの人にしてほしい」と話していた。料金は3300円。問い合わせは橋立の馬屋090(9110)8787。