亀岡市役所

亀岡市役所

 京都府亀岡市の9月市議会の審議で、市が自ら提案した予算案の詳細について、市議からの基本的な質問に即答しない事態が散見された。いずれも議会が追及すると後日説明したが、税の使い道について、繰り返し指摘されなければ明かさない不誠実な対応といえる。

 一般会計補正予算案の議論では、市役所地下レストランに会議室やリモートワーク機能を整備する費用が問題となった。完成イメージ図をはじめ現在のレストランの利用状況など、議論の土台となる情報について市が答えず、委員会は紛糾。また、ガレリアかめおかへの遊具設置費を巡っても、市議らは耐震性などの懸念からどんな遊具を設置するのか質問したが、市は「(具体案は)ありません」と、答えなかった。

 予算案は必要経費を担当課が積み上げ、財政課が査定して組み、市が議会に提案する。今回のケースは国交付金や府補助金が獲得でき急きょ提案した事業だが、説明できないはずはない。実際に日を改め、市長や担当課が詳細を説明した。

 提案当初に説明できなかったことについて市幹部は「担当課に悪意はない」とする。それならば、丼勘定で予算案を作った後に指摘を受け慌てて詳細を詰めたか、トップダウン事業で担当課の理解が追い付いていなかったか、疑われても仕方がない。

 2019年度一般会計決算案の審議では、議会に説明せず予算を減額した事業が批判されたのに、市は「経費を節減した」と返答する場面もあった。

 ある市議は「とりあえず予算を通し、詳細は後で考えるという、安易な判断になってきている」と指摘した。行政内部で税の使途を市民に説明する姿勢がまひし始めているのでは。疑問が膨らむ9月議会だった。