大麻取締法違反罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告は29日、弁護人を通じて「心から深くおわびします。自身のおごり、未熟さや愚かさにより引き起こした事態で、信頼を一日でも早く取り戻せるよう努力していく」とのコメントを出した。