光学迷彩技術を用い、前方の映像を投影して透明化したように見えるダッシュボード(京都市伏見区・京都パルスプラザ)

光学迷彩技術を用い、前方の映像を投影して透明化したように見えるダッシュボード(京都市伏見区・京都パルスプラザ)

クラシックカーのようなデザインのコンセプトカー「Moeye」

クラシックカーのようなデザインのコンセプトカー「Moeye」

 京セラは29日、走行中の自動車の路上風景をダッシュボードに映し、透明のように見せる次世代のコンセプトカーを京都市伏見区の京都パルスプラザで披露した。人間の五感を楽しませる先端の技術や部品を満載し、安全性と娯楽性を備えた「未来の車」として提案した。

 コンセプトカーの開発は2018年に続き2回目。車体は丸みを帯びたクラシックカーのような外観で、スポーツカーをベースにした第1弾から風貌は一変。京都のデザイン会社Fortmarei(フォートマーレイ、西京区)が手掛け、「Moeye」(モアイ)と名付けた。

 電子ミラーやよそ見警告など運転支援技術に軸足を置いた前作に対し、今回は車内空間を重視。自動運転や電動化など「CASE」と呼ぶ技術革新により自動車の進化が加速する中、人と車の新たな関係性を提起した。

 目玉が東京大先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授の協力を得て導入した「光学迷彩」の技術だ。カメラが捉えた車前方の映像を、特殊な反射材で作ったダッシュボードにほぼリアルタイムで投影。フロントガラス越しに見る現実の風景とバーチャル映像がつながり、ダッシュボードが透けているように見せることで、視野を広げる効果がある。

 他にパネルを指で触れた時に振動を伝える触覚伝達技術や迫力のある振動スピーカー、香りを自動噴射するアロマ芳香器など、人の感覚に作用する独自技術も搭載した。記者会見した京セラの稲垣正祥・研究開発本部長は「自動車の大きな構造変化の中で、未来の車の世界観を世に問いかけ、新しい領域を切り開きたい」と述べた。