2021年秋の開業を予定している「ROKU KYOTO,LXRホテルズ&リゾーツ」のイメージ画像。手前の白いパラソルが見える部分が温泉を利用した温水プール

2021年秋の開業を予定している「ROKU KYOTO,LXRホテルズ&リゾーツ」のイメージ画像。手前の白いパラソルが見える部分が温泉を利用した温水プール

 東急不動産などは29日、京都市北区の「しょうざんリゾート京都」内で開設を計画している米ホテルチェーン・ヒルトンの高級ブランド施設の名称を「ROKU KYOTO,LXRホテルズ&リゾーツ」に決めたと発表した。周囲の景色が楽しめるレストランや、しょうざんリゾートの天然温泉を利用した屋外温水プールを備えるリゾートホテルとして来秋に開業する。


 LXRブランドのホテルはアジア太平洋地域初進出。「ROKU(ロク)」は、敷地内を流れる紙屋川周辺で平安時代に紙漉(す)きが行われていたことから「漉(ろく)」の字にちなんだ。


 建物は地上4階建てで、総客室数は114室。部屋の面積は約50~約100平方メートルと広く、インテリアには唐紙や西陣織などを用いて、京都の伝統技術が楽しめる空間とする。