宮原さんの感染体験を描いた「あんくんの新型コロナ奮闘記」の1ページ目

宮原さんの感染体験を描いた「あんくんの新型コロナ奮闘記」の1ページ目

新型コロナに感染した宮原さん(右)と、その感染体験を漫画に描いた青柳さん(京都市中京区)

新型コロナに感染した宮原さん(右)と、その感染体験を漫画に描いた青柳さん(京都市中京区)

 新型コロナウイルスに感染した京都府内の男性の実体験を描いたマンガと動画「あんくんの新型コロナ奮闘記」が、インターネット上で9月から公開されている。「コロナの実像を伝えたい」という男性の思いに応え、漫画家として活躍する友人らが制作した。今も息苦しさなどの後遺症が残る男性は「漫画を通し、少しでもコロナの怖さや日常への影響に気づいてほしい」と話す。


 男性は、手話通訳業の宮原二三弥さん(30)=京都府京田辺市。8月4日に39度の発熱があり、5日に医療機関を受診。6日にPCR検査で陽性が判明した。宮原さんは1日に大阪府内で陽性者と接触していたという。


 聴覚障害のある妊娠中の妻を自宅に残し、入院した。入院後は、倦怠感やせき、下痢などに加え、夜は眠れないほどの呼吸困難になったり、塩味を腐った味に感じる味覚異常が出たりした。「毎日症状は違い、ある時はジャブ、別の時はボディーブローをくらう感じ」だったという。


 また、高熱の中、感染後に接触した28人に連絡し、その個人情報を保健所に報告する作業を強いられた。「いちいち連絡してくるな。濃厚接触者になって仕事ができなくなった」などとつらい言葉を返されることもあった。


 入院は8月18日まで続いた。宮原さんは「流行が続く中、実際にコロナにかかった患者の現状を伝えたい」と考え、ツイッターやフェイスブックなどSNSで症状や治療の状況、気持ちなどを克明に記し、発信し続けた。


 9月上旬、PCR検査で陰性だった宮原さんの妻が無事出産した。しかし、宮原さん自身は呼吸の苦しさや肺の痛みなどの後遺症が今も続いている。


     ◆◆
 そんな宮原さんの思いに応えようと、友人ら4人が、体験記を発信するチームを結成した。文章ではなく、視覚的に分かりやすくするため、漫画と動画を使うことにした。


 漫画を担当したのは、京都新聞ジュニアタイムスの漫画「京・妖怪絵巻」の作者、青柳恵太さん(28)=兵庫県明石市。京都精華大マンガ学部出身で、手話通訳関連の団体職員の傍ら、行政広報などの漫画作品を手がけてきた。