【資料写真】京都サンガ

【資料写真】京都サンガ

 サッカーJ2の京都サンガFCは30日、フクダ電子アリーナで千葉と対戦し、0-0で引き分けた。2試合ぶりの白星はならず、勝ち点を35とした。順位は6位で変わらず。

 サンガは前節から先発を3人入れ替えた。前半はウタカが厳しくマークされ、バイスが最終ラインから積極的に攻撃参加したが、ゴールを奪えず。

 後半は前線に野田を投入して攻勢を強めた。終盤には飯田の右クロスを受けた野田が左足で狙ったが枠をそれ、終了間際にはウタカがヘディングシュートを放ったが、1点が遠かった。守備陣はバイスを中心に集中を切らさず、3試合ぶりに無失点とした。