二条城撮影所で撮られた「忠臣蔵」の討ち入り場面

二条城撮影所で撮られた「忠臣蔵」の討ち入り場面

 「忠臣蔵」の現存最古の映画が18日、京都市内で上映される。二条城の西南にあった二条城撮影所で、1910(明治43)年代に撮られた尾上松之助主演の白黒無声映画。2015年に京都で発見されたフィルムを交えた「デジタル復元/最長版」を披露する。発見者の活動写真弁士、片岡一郎さん(41)=東京都=が15日会見し、「これほど古いフィルムが見つかるのは奇跡。京都との関わりも知ってほしい」と語った。

 京都初の撮影所として1910~12年に稼働した二条城撮影所。そこを拠点に撮られた「忠臣蔵」は、二条城を赤穂城に見立ててロケをした場面もある。
 牧野省三が監督・総指揮を務め、場面ごとに撮影を繰り返していたとされる。本来は無声映画だが、コピーを重ねて、戦後に音声が加えられたフィルム2本(42分と74分)の現存が従来確認されていた。
 片岡さんは、「無声映画 忠臣蔵」という題名のフィルム缶を中京区の骨董(こっとう)店「ライト商会」で4年前に発見。二条城撮影所で撮られた「忠臣蔵」の古い無声フィルム(49分)と分かり、現国立映画アーカイブ(東京都)に寄贈した。
 1910年代の日本映画のフィルム現存率は、わずか0・2%とされる。見つかったフィルムはオリジナルかは不明で失われた場面もあるが、画像は美しい。同アーカイブでは、3本のフィルムを編集し直して計87分の「デジタル復元/最長版」を製作。うち片岡さんの見つけたフィルムの使用が56%を占めた。
 昨年末に東京で初披露。イタリアで今月開かれた無声映画の映画祭でも片岡さんの活弁付きで上映した。「日本初の映画スター、松之助の魅力は海外でも伝わるようで喝采を受けた。見つかったフィルムによって『祇園一力茶屋の場』などで従来にない映像も加わった。歌舞伎や講談を基にしながら、誰でも楽しめるように作られた作品を、ぜひ体感して」と語る。
 上映は京都国際映画祭(17~20日)の一環として、京都市中京区の大江能楽堂で18日午後6時半から。三味線、太鼓、ピアノの伴奏で片岡さんが弁士として語る。詳細はチケットよしもと0570(550)100。