京都府相楽中部消防組合は1日、救急搬送中に交通事故を起こした消防士長(59)を減給100分の5(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 同消防組合によると、消防士長は今年8月10日、和束町で救急搬送していた救急車を側溝に脱輪させ、搬送中の女性1人と救急隊員2人が軽傷を負った。