国民民主党の平野博文幹事長は17日、大津市内で、参院選の改選1人区での野党候補一本化に向け、20日から党幹事長レベルでの選挙区調整を始める考えを示した。

 国民滋賀県連の定期大会に出席した平野幹事長は、あいさつで「20日に幹事長会談をし、具体的に1人区対策の調整を始めていく」と説明。「滋賀は統一候補を擁立すれば必ず勝てる選挙区だ」と述べた。

 滋賀選挙区では、国民、立憲民主、共産の各党が推す3人の中から野党統一候補を選ぶ協議が続いている。