「中秋の名月」に照らされる雲海(2020年10月2日午前4時48分、京都府亀岡市曽我部町・かめおか霧のテラス)

「中秋の名月」に照らされる雲海(2020年10月2日午前4時48分、京都府亀岡市曽我部町・かめおか霧のテラス)

 「中秋の名月」が空に輝いた2日未明、京都府の亀岡盆地では「丹波霧」が発生し、広大な雲海が月光に照らされ、幻想的な光景が広がった。

 亀岡盆地の霧は、午前2時半ごろから薄く発生し始め、午前4時前には盆地全体が霧に覆われた。

 標高約400メートルの山上にある「かめおか霧のテラス」からは、亀岡市街地の灯が、ゆっくりと雲海に覆い隠されていく様子が望めた。広がる雲海は、明るく輝く月に照らされると同時に、隙間から街の灯が透けて、幻想的な雰囲気を醸し出していた。

 午前6時前、朝日が昇ると、雲海はオレンジ色に染まっていった。