高齢者のインフルエンザ予防接種で、料金の減免を受けるのに必要な京都市への申請書。新型コロナウイルスの感染予防のため、「郵送申請のみ」と強調されている

高齢者のインフルエンザ予防接種で、料金の減免を受けるのに必要な京都市への申請書。新型コロナウイルスの感染予防のため、「郵送申請のみ」と強調されている

 「もっと高齢者に優しい手続きにできなかったのでしょうか」。1日に始まった高齢者のインフルエンザ予防接種を巡って、京都市の診療所で働く医療事務の女性(44)から、京都新聞の双方向型報道「読者に応える」のLINEにこんな声が寄せられた。今年は新型コロナウイルスの影響で高齢者は接種日が前倒しされ、優先的に接種が受けられる。さらに市は感染予防のため、接種料金の減免申請を郵送に一本化した。取材すると、急きょ変わった接種日や手続きによって混乱が生じていることが分かった。

■接種料金の一部を公費負担

 ワクチンの接種は例年、10月中旬から始まる。しかし今年は、政府が新型コロナとの同時流行を懸念し、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者や持病がある人が優先的に受けられるよう、接種日の前倒しを決定。10月1日から高齢者らを優先して受け付け、その他の人は26日以降の接種を呼び掛けている。

 ワクチンの接種料金は原則自己負担だが、高齢者は「定期接種」の対象となり、一部が公費負担となる。京都市では、通常料金を2千円に設定。さらに所得に応じて、市民税非課税者や生活保護受給者などは無料、総所得額100万円以下の人は1千円、100万円超125万円以下の人は1500円とする減免措置を講じている。

 ただ減免を受けるには、市が発行する「自己負担区分証明書」が必要だ。市は例年、区役所の窓口で即日発行していたが、今年は密集を避けるため郵送でのみ受け付けるよう手続きを変更。高齢者は病院へ行く前に申請書を市に送り、証明書が返信されるのを待つ手順が必要になった。市は、返信までに約2週間かかるとしている。

 声を寄せてくれた女性によると、その申請書が手に入りにくい状況にあるという。