美術部員らで制作した四季の花がモチーフのステンドグラス(京丹波町蒲生・蒲生野中)

美術部員らで制作した四季の花がモチーフのステンドグラス(京丹波町蒲生・蒲生野中)

 京都府京丹波町蒲生の蒲生野中の美術部員らが、同町のステンドグラス工房と校内の窓にステンドグラスを作った。ヒマワリやツバキなどガラスで描かれた四季の花が輝き、校内を明るく彩っている。

 作ったのは、美術部員29人。6月から制作を開始し、3日の文化祭で全校生徒にお披露目した。花のスケッチからハンダ付け、ペイント作業を同町橋爪のステンドグラス工房「JAHPON LAND」の土屋隆亮代表(47)らの指導の下、協力して行った。作品は縦140センチ、横170センチ。3階美術室前の階段に設置され、四季を代表する色鮮やかな花が美しく咲いている。

 同文化祭で引退となった3年川村日向部長(15)は「花びらに立体感を出すために細い線を入れる作業が難しかった。日の光に当たると、花がいきいきして見える」と笑顔だった。