夏目漱石は1907(明治40)年に京都を訪れ、亀岡から嵐山まで保津川を船で下った。「舟は砕ける程の勢いに、波を呑(の)む岩の太腹に潜り込む…