リモートワークなどに活用してもらおうと開放するラウンジ(京都市左京区・国立京都国際会館)

リモートワークなどに活用してもらおうと開放するラウンジ(京都市左京区・国立京都国際会館)

 名建築でリモートワークを―。京都市左京区の国立京都国際会館が、ラウンジやビジネスセンターの一般開放を始める。今月は7、14、20日に利用でき、日本庭園の散策もできる。昭和のモダニズム建築を堪能できる機会で、同館は「仕事や勉強のアナザーデスクとしてぜひ利用を」と呼び掛けている。

 1966年に開館した同館は、故丹下健三氏の右腕だった建築家の故大谷幸夫氏が設計。装飾を排したモダニズム建築でありながら日本家屋を思わせる台形が基調の外観と、里山に着想を得た回遊式の庭園で知られ、国際会議や学会の会場として利用されている。

 しかし今年は、新型コロナウイルスの影響で催事利用が激減。学会シーズンの今月も予約は例年の半分の10件程度しか入っていないという。これまで市民は月1、2回の見学会やレストランの利用時にしか入館できなかったが、この機会に一般にも利用を広げようと企画した。

 開放するのは、ビジネスセンター(6席)と庭園が臨めるラウンジ(30席)。いずれも今月開店したカフェでドリンクやフードを購入すれば午前9時~午後6時まで滞在できる。予約不要で、インターネットやコンセント、複合機(有料)も利用可能という。

 また29日にはカフェを開放し、5種類のコーヒーが試飲できる特別メニューを提供。30日には午前10時と午後2時の2回、ガイドが案内する建築見学会(無料、要予約)も開催する。

 一般開放は11月以降も継続する予定。予約や問い合わせは同館075(705)1205。