JR西日本によると、18日午後9時半ごろ、東海道線の瀬田駅を普通電車が出発した直後、運転席でドアが閉まっていることを示す表示が一瞬だけ消えた。確認のため停止したが、異常は見つからなかったため、約20分後に運転を再開した。この影響で京都-米原駅間で遅れが生じているという。